2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
賢い消費者になろう
食品問題のカリスマが、40年来の
現場経験から語る、

「食」を取り巻く日本の危機的な実態が
冷静に明かされています。

こちらです。
↓ ↓ ↓
無料講座を見てみる

【あと3日】

彼が【資格講座】を始動することになりました。

これは、日本の食の未来を変えるために、
極めて重要な取り組みです。

皆さんは、最近の傾向として、
健康的な食品がかなり出回っている
ことにお気づきだと思います。

「無添加」
「不使用」
「無農薬」
「オーガニック」
「有機」
「天然」
「植物由来」

これらの文字を最近
商品のパッケージのオモテ面に大きく、
見かけるようになったと思いませんか?

確かに、最近は良心的な商品も
増えてきていて、

「安全」や「安心」は消費者にとって
商品を選ぶ際の強い動機となっています。

しかし、実はここにも落とし穴が
あることをご存知ですか?

これらの表示については、

もともと食品添加物を使わない食品に
無添加と表示しているものや、

代替品を使って、前まで使っていた
添加物を「無添加」と表示するもの(笑)、

ほかにも「無添加」とでかでかと
書かれてあるけれど、一体何が
「添加されていない」のかが
わからないというケースもあります。

無料講座を見てみる

健康志向を謳えば当然高く売れる
という事実も、頭の片隅に置いておく
必要があります。

ですから、私たち消費者は、
「コマーシャルに惑わされない感性」
を持つことがとても重要なのです。

つまり、消費者は、通常は商品の裏に
あるラベルの表示だけをもとに、
内容を正しく読み取り判断するだけの
知性が必要だということです。

売り手の言いなりになるのは危険です。
スポンサーサイト
食べ物が体を作っている
世界的に見ると、マクドナルドとモンサントの
売り上げは落ちている、らしい。

マクドナルドはハンバーガーに代表される
ファストフード企業です。
モンサントは農薬・バイオテクノロジーを
扱っている会社です。

マクドナルドは知られている企業。
モンサントは~知る人は知る、
遺伝子工学を駆使したGMO(遺伝子組み換え作物)
の本山であります。

ハイブリッド品種に特化しており、
生産性を上げるために有毒な農薬を使い、
遺伝子組み換えをしています。

モンサントの商品は最終消費者(主に人間)の
健康を大きく害すると評価され、
反モンサント運動が巻き起こり、
ロシアと中国を含む30か国でGMOは
禁止されています。

マクドナルドは、
「牛肉の脂肪部分を水酸化アンモニウムで洗浄し、
それをハンバーガーに使用している」
水酸化アンモニウム以外にも、有毒物質が
マクドナルドでは使用されている。

という事実に多くの人々が気づくにしたがい、
ファストフード離れが世界的に進行している。

では、日本では?

知らないのか、知っていても無視するのか
の状態ですが、徐々に悪評は広まる傾向。

私たちは、巨大な企業の思い通りに
なんの判断も無くカウンターに向かい
エサにもならないようならないものを
食べていて、いいのでしょうか?
ルーツを知ると、道が見える
この動画を視たら、
日本人の本当のルーツがわかります。


日本人のルーツは

動画の舞台は明治維新。

明治維新といえば、
奇跡の無血クーデターとして
記憶している人も多いと思います。

一方、海外のクーデターといえば、
死屍累々の惨状ばかり。

なぜ明治維新はそうならなかったのか。

その秘密を解く鍵は、
氷河期以前から現在に続く
特殊な遺伝子にあるそうです。

この一連の無料動画を視れば、
想像を絶するほどの壮大なスケールに、
胸の高鳴りが抑えられなくなるでしょう。

期間限定ではありますが、
無料で視聴できますので、
今すぐご登録ください。



日本人の真のルーツ
いつまでも、同じ
やれているコトは無意識にやれているから、
わざわざ「やれている」と思わない。
それが当然でしょ?と。

でも、突き詰めていくと、やれているコトの線上に
遮断している壁がある。

自分の能力の限界ーーー。

そこで、お手上げ。
チャブダイ返し~

心機一転~また、他の「あたらしいこと」を
はじめたくなる。

新しいことというのは、やったことがないから、
そこそこやれちゃう。

でも、その先には・・・。絶対に壁が・・・ある。

そこで、そこを突き進むより、
また「あたらしいこと」をやりたくなる。。。
なんてことが、起きてきて、いつまでも、
壁の前から退避してしまう。

アレに手を出し・・コレに手を出し・・
そんな完了しない状態で、先が無い。
無駄なことをしているばかり。

常にある、壁。
突破する方法は?


いろいろなことに手を出せる人は
それだけのエネルギーがあるのだよね。
だけど「点」になってるから、行き止まりになる。

突破する、ひとつのヒント。
沢山ある「点」を、「線」にする。
そうすると、線になったエネルギーは
向かうべき方向を得て、壁を壊す。
チラシで集客できない
ちょっと想像してみてください。

あなたは美容院の社長です。
集客は主にチラシと紹介。
1人で美容院を運営しています。


4ヶ月前、あるチラシを打ちました。

ポスティングに5000枚。

自信満々。
「これならお客さんが殺到するだろう」
と思い作成。


チラシを出した日
電話が鳴り止まずに
仕事の邪魔になるんじゃないか?


予約が入りすぎて
1人では回せなくなってしまい
せっかくチラシで来てくれた人を
断らないと行けなくなってしまうんじゃないか。


お客さんがたくさん来ることを
想像して楽しみにしていたが



一ヶ月たっても電話は来ない。
新規のお客さんも
今のお客さんからの紹介だけ。


貴重なお金を捨ててしまった。

次のチラシも失敗したらどうしよう。。。
チラシじゃダメか? さまざまな不安が~



でも、今は違います。

チラシを打てば
チラシの費用を回収できるくらいの
お客さんが新規で来店。


リピートもしてくれるので
次回来店時から利益に直結。


お金にも余裕が少しずつできて
休みの日に研修会に行ったり
ちょっと良いレストランに行ったり。


今日のあなたは4ヶ月前の、
「チラシでお金を失うのが怖い」
という気持ちとは違います。


チラシを打つと新規客が
ある程度来ることがわかっているので
安心してチラシを打つことができます。


さて、
この4ヶ月の間で何があったのでしょうか?


チラシをどんなふうに変更したのでしょうか?
何を書いたのでしょうか?
どんな「心理」を突いたのでしょうか?




それは、、、

ここをクリックして詳細を確認する
プロフィール

DON-MAY

Author:DON-MAY
日本人を元気にするブログです。心と身体のこと一緒に考えていきましょう。『元気なら何でも出来る』が合言葉♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
健康美容グッズ集
ご訪問ありがとう♪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
2596位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
セラピー
128位
アクセスランキングを見る>>
広がれ友達の輪
あしをペタペタ