2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
健康で一番大事な要素
45年以上をかけて、世界70カ国で、
900種以上の「あるもの」を試してきた
という人物。

その「あるもの」が何かわかりますか?

それが、こちらです。
「元気の学校」


食べ物等のどの健康法よりも、
実はあなたの健康を決定づけています。

しかし、この秘められた力を
知っている人は、案外少ないのが現状です。

ちょうど今、
コレについての広い見識を持つ人物への
インタビューが公開されています。

例えば、、、

・コレを見極める際に重要な役割を果たすラベル。
 あなたの健康を左右する「履歴書」とも言える
 そのラベルの正しい読み方とは?

・アレルギー性疾患、ボケ、糖尿病、
 脳梗塞・心筋梗塞、心臓病、骨粗鬆症など、
 副作用なしの処方箋とも言うべきコレの可能性とは?

最も身近に人間が恩恵を受けている、
この「あるもの」の威力を
最大限に引き出すかどうかは
私たち次第です。

このインタビューをお聞きになれるのは、
【あと8日限り】です。

ぜひ今すぐ聞いてみてくださいね。
スポンサーサイト
本格的デドックスを学ぶ
最近あちこちで聞く「デトックス」。

海外セレブたちが火付け役のものも
結構多いようですが、
ダイエットや健康法はもちろん、
料理レシピなんかも沢山見かけますよね。

この「デトックス」という考え方、
ルーツを遡ると切っても切れないのが、
インドのアーユルヴェーダのようです。

日本ではエステやマッサージでばかり
見かけるので、お手軽なイメージがありますが、

実はインドでは、アーユルヴェーダの
医師の資格は国家資格なので、
れっきとした医学です。

しかも、5000年とも言われるその
知恵の集大成の奥深さは、
西洋医学にどっぷりの現代人の私たちには
斬新で聞きなれないほど。

例えば、、、

消化・代謝のプロセスの終着地点として、
「生命エネルギー」と訳される「オージャス」
というものについて説いていたり、

そもそもアーユルヴェーダの定義として
「人生の目的とは、幸福の拡大である」
と説いていたり。

でも、これらの教えを細かく紐解いていくと、
空想ではなく、全てが説得性に満ち、
むしろ西洋医学がおろそかにしてしまっている
大切なものを取り戻させてくれます。

アーユルヴェーダでは「デトックス」に近いものとして
ここで紹介されている「毒出し」というものがあります。

『元気の学校』

このページから手に入れることができる
アーユルヴェーダ医療の第一人者的人物への
インタビューによると、

このしくみを知らない人が、病気になり、
知っていれば、病気を避けられる・・

と言っても過言じゃなさそうです。

毒出しが定義する「毒素」や
「毒素」を溜めない方法を教えてくれる
このインタビューは、必ず役に立つと思います。

すべての人にオススメですが、
どうも毎日スッキリしない体調で過ごしている人、
昔と比べて疲れやすくなった・・・

そんな人たちは必見です。

〆切は、【11月15日(日)】まで。

この日までに確実に手に入れてください。

『元気の学校』を見てみる
自分の健康は、自分で守る
「賢い消費者と心ある生産者が世界を変える」

そんなビジョンを形にした
本物の医食住情報メディア「元気の学校」は、
おかげさまでリリースから3ヶ月が経ちました。

なぜ「元気の学校」を立ち上げたのか、
その背景や理念、コンセプトを共有させて頂くため、
初月に取り上げられたのが
「人はなぜ食べるのか?」

次に、もう少し切り込んで、
食の問題に焦点を当てた
「食品添加物」
がテーマでした。

その後10月には、初めて「医」を
テーマに、人体と発症のメカニズム
について。

そして、この3ヶ月間の学びを通して
興味・関心の高さを感じてきた、
あるキーワードがあります。

そのキーワードとは、

「デトックス」

です。

ダイエット、健康法、料理レシピ等々、
至る所で近年最もよく目にするキーワード
だからかも知れませんが、非常に高い
関心が寄せられてきました。

そのため、この「デトックス」については
「元気の学校」でもリサーチを続けてきたのですが、

実はそうするうちに、避けては通れない
あるテーマに辿り着いたのです。

それが、今月のテーマです。
元気の学校


ここで出てくる「デトックス」は、
5000年もの歴史あるインド伝統医学
の教えが基になっています。

インド伝統医学では、健康の維持に
欠かせないものとして「消化力」の
重要性を挙げているのですが、

この教えの中で、「消化力」とは
人それぞれ違うことが大前提となっており、
体質別の教えは、詳細にわたって
全てが異なります。

しかし現代は、さかんに「アレがいい」
「コレがいい」などと言っては、食材・食品が
一人歩きして推薦される傾向があります。

よく考えれば、人それぞれ体質も
消化力も違うのですから、同じ食べ物を取り入れても
本来は個人差が出て然るべきなのですが、

そういった考慮は中々してくれないのが
現代の健康情報のあり方です。

しかし逆に言えば、

「消化力」の重要性や「体質」の違いが
自分自身で理解できてくると、

海外セレブたちがこぞって取り入れている
健康法をむやみに取り入れたりは、
できなくなってきます。

下手に欧米人の真似をしていては、
毒にさえなり得ることがわかってくるからです。

牛乳を飲むと、お腹がゴロゴロする。
・・・分解・吸収する力がないから、ですね。

それは、日本人という人種の
胃腸の“弱さ”
も深く関係している
ことなのですが・・

今回は、この「毒出し」について、
日本でいま最も信頼できる人物に
インタビューを行いました。

その人物とは、医学博士の
蓮村 誠(はすむら まこと)先生です。


インド伝統医学に精通する蓮村先生に、
毒出しや、消化力を上げるための知識、

そして現代人の私たちがいかに
毒素を溜め込み、それがもとで老化をし、
病気を招いているのかを教えて頂きました。

蓮村先生は、40歳代くらいで見られる
老化現象は「ニセの老化」だと断言していますが、

人間とは本来それほどに、
意識や思考のレベルを超え、計り知れない
完璧さを持った調和的な「自然知性」を
持っているのだと言います。

このインタビューで特筆したい点は、
健康に過ごしていくための知性や
心の持ち方に至るまで教えて頂いたことです。

さすがは世界三大伝統医学の一つなだけあって、
西洋医学がいまだ到達しない
「精神」の領域についても大いに触れながら、

精神も体も、すべては自分の内側で
つながっていることを教えてくださいました。

あなたも今すぐ、毒素を取り除き、
あなたの内側に眠る健康を最大限に生かし、

そしていつまでも健康で若々しく、
内面から輝き出すような知性を
手に入れてください。

このインタビューをご覧頂けるのは、
15日(日)までにご入会頂いた方だけです。

ぜひ今すぐお手続きください。
元気の学校←みてみる
医療情報の、ウソ・ホントを知る
本屋の「家庭医学」や「健康」の棚で
その名を見ないことはない、

実に100冊以上もの著書で知られる
免疫学の世界的権威、
安保先生。

その安保先生の壮大な研究の成果を
学んでいただけるのは本日限りです。



「元気の学校」今月号のテーマは医療、
キーワードは「38億年の生命史」です。

酸素が猛毒だった時代にまで遡り、
生命のロマンに思いを馳せながら
「安保理論」に触れて頂く最後のチャンスです。

今すぐここから手にしてください。
  ↓
「安保先生の話を聞いてみる」


安保先生の言葉や著書には、

普段は聞き慣れないはずの医学用語を
なぜか理解できてしまうという
魔法の力があります。

安保先生という“フィルター”を通すと
なぜかシンプルに感じられ、

これまではピンとこなかったような
用語や体のメカニズムが、
初めて明快に理解できるのです。

これは実際に私自身、先生への
インタビュー中に随所に感じたことで、
不思議な感覚がしたのを思い出します。

この安保先生の魔法は、
医師として患者と真摯に向き合い、
研究者として数々の研究に没頭しながら、

現代医学の常識を覆す数々の発表、
100冊以上もの書籍の発行をしてきた
先生のご経験の成せる業なのかもしれません。

今回のインタビューの中では、
次に挙げるようなお話が、
みるみるうちに分かるようになります。

例えば、

・むこ投げ、寒中水泳、裸祭りなど、
 若い男性のためのお祭りの本当の理由とは?
 あなたの子孫、ひいては日本人の繁栄のため
 ぜひとも知っておきたい重要な秘密が日本の
 伝統行事には隠されていました。

・2種類のエネルギー製造方法を持つ人体。
 エネルギー生成の面から見れば、実は
 若いときより老年期の方がよほど効率的。
 年齢を重ねることが楽しくなる、
 年齢ごとの人体のしくみとは?

・私達の意志と関係なく働き続ける自律神経。
 生物学的に見ても完璧なまでに理にかなった、
 その驚くべき働きとは?
 実は、天気や気圧が自律神経に及ぼしている
 という多大な影響とは?

・患者にステロイドをやめさせてきた医師は、
 患者から訴えられてしまう危険と隣り合わせ
 のようです。ここに、正しい情報を知らない
 消費者、対症療法などの憂うべき限界が混在
 しています。

・「血液サラサラ」が健康ワードに君臨してきた
 影で、すっかり悪者と化した「血液ドロドロ」。
 でもこの考え方自体が根本的にナンセンスだと
 知っていますか?流れるだけが目的ではない、
 血液のしくみがわかります。


全ての内容を学ぶにはこちらから↓
  ↓
「安保先生の話を聞いてみる」

〆切は【10/15(木)】まで

これらは、まだまだほんの一部に
すぎませんが、

今回は、少しだけこの中から
「血液ドロドロ」について
種明かしをしたいと思います。

毛細血管の内径と、
そこを流れる赤血球の直径は、
実はほとんど変わりません。

顕微鏡で見ると、赤血球はいつも
ギリギリの大きさでぶつかりながら
血管を流れています。

なぜなら、血液も必要に応じて
流れが止まる必要があるからです。

では、それはどんな時でしょうか?

「ここぞ」といった踏ん張り所や
瞬発力が必要な時です。

人は、本気で力を込めようとする時、
無意識のうちに一瞬息を止めますが、

これは「酸素を遮断」する行為であり、
それによって血液を止めて
力を出しているのです。

バリバリ働かなくてはいけない時に
血液サラサラのままでいることは
理にかなっていません。

世界的権威の安保先生は、

「人生の半分は血液ドロドロでOK」

と断言します。

先生は、免疫学が専門でしたが、
免疫の研究を進めるにつれ、

免疫そのものや自律神経との繋がりだけだと
どうしても解決できない問題が出てきて、

「最終的に生命を維持しているのは何か?」
という命題にぶつかったそうです。

そのときに必要となったのが
「エネルギー生成」についてでした。

本来は、血流が「サラサラ」や
「ドロドロ」になる変化は、
エネルギー生成や自律神経や白血球、
すべてに連動した驚くべきしくみであり、

このしくみを知ることが
様々な疾患と向き合う際の
大きな手助けとなります。

しかし、これまで、
「サラサラがよくてドロドロはだめ」
という情報だけが一人歩きしてきました。

「血液サラサラ」は15年ほど前から
メディアに頻繁に登場するようになり、
いわば“流行”の表現になりました。

実際にこの言葉のインパクトは強く、
「ドロドロ」と対比しやすいことから、

目をつけた悪徳業者らによる悪用が横行し、
詐欺事件などの多発によって
社会的な問題へと発展したほどです。

「ドロドロ」が悪者扱いされるように
なってしまった理由は、

火付け役のメディア、
それに飛びついた消費者、
“商売になる”ことを利用した業者の
すべてが複雑に絡み合った結果なのです。

人体のしくみを根源的に
捉えることさえできれば、

血液サラサラ商法で横行した
高額の磁気ブレスレットや
粗悪な化粧品、サプリメントなどに
騙されることもなくなるでしょう。

今後出てくる嘘の情報に惑わされ、
全く効果がないばかりか、

かえって悪影響しかない粗悪品に
あなたの大切なお金を無駄に投じ、
体を蝕む必要もなくなります。

ぜひその本質を、今こそ、
手にしてほしいと思います。

今回のインタビューでは、
安保先生の壮大な研究の成果を、

38億年かけてできた生命のしくみと
専門の免疫学などと絡めながら、
極めて明快に解りやすくお話し頂いています。

2時間以上のインタビューに
たっぷり詰まった多くのヒントから、

体をどう健康に維持していくべきかが
自ずと見えてくるはずです。

まさに大人のための
世界一受けたい“授業”。

このインタビューをご覧いただけるのは、
本日中にお申し込み頂いた方だけです。
〆切は【10/15(木)】まで

ぜひ今すぐお申し込みください。
  ↓
「安保先生の話を聞いてみる」


本当の意味で、あなたとご家族の健康を
守る機会になることをお約束いたします。
治療しているのに悪化する・・・って?
なんか、おかしいと思ったこと、
ありません?

なぜ、湿布を貼っても、
腰痛は完治しないんだろう?

なぜ気づいたら、親が飲む
薬の量は、増えているんだろう?

なぜ、あの人のがんは、
再発してしまったんだろう・・・?

みんな治したくて病院に通い、
治したくて処方された薬を
せっせと飲んだりすればするほど

かえって症状を悪化させ、
そのうち、薬自体が悪化の原因に
なっていく・・・
結構よくある話なんですよね。

睡眠薬の副作用にある
「慢性的な眠気」(笑)というのも
同じような話です。

私のように医学の知識があまりなくても
現代医学のこの矛盾は、本末転倒に見えます。

そんな現代医学の盲点を
圧倒的な説得力で教えてくれる
最高に面白い理論に出会いました。
  ↓
「元気の学校」
お試し会員ご紹介キャンペーン


それを教えてくれる人物とは、
免疫学の世界的権威、
安保 徹(あぼ とおる)先生。

「体は間違わない。
間違いは人間の生き方の中にある」

と語るその一貫した見解とは、

人体は、想像よりもはるかに強く、
精密にできている。そして、

すべての病気に共通する、
ある原因を改善すれば、
病気は自然に治癒していく

ということです。

むやみに薬で治したり
症状を抑えようとする前に、

本来理解しなければならないこと、
本当にやるべきことを、
このインタビューが全て教えてくれました。

安保先生の話を聞くことは、
一生ものの価値になりました。

なぜなら、小手先のノウハウではなく、
現代医学が見失っている「本質」を
取り戻すことによって、

人体に対する深い理解を得た上で、
なぜ病気になるのかのメカニズムと
健康に生活するための知恵を手にできるからです。

勘違いで続けていた悪習慣も
次々にわかり、衝撃でした。

免疫学の世界的権威が語る、38億年の生命史。
考えただけでワクワクしてきませんか?

【10月15日(木)に終了】してしまうので、
こちらのキャンペーンで、今すぐ
確実に手にしてください。

「元気の学校」
お試し会員ご紹介キャンペーン


特に、子育て中の人、家族を持つ人、
健康で安心な毎日を送りたい人には、
必見です。
プロフィール

DON-MAY

Author:DON-MAY
日本人を元気にするブログです。心と身体のこと一緒に考えていきましょう。『元気なら何でも出来る』が合言葉♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
健康美容グッズ集
ご訪問ありがとう♪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
2718位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
セラピー
151位
アクセスランキングを見る>>
広がれ友達の輪
あしをペタペタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。