2015/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
餃子の王将のマネジメントは「放任主義」?
飲食チェーン「餃子の王将」の大阪店舗が提供する
一瞬耳を疑うような麺料理が
いまにわかに話題となっています。

アツアツのお好み焼きをあえて
冷たい冷麺の上に乗せた「お好み焼き風冷麺」です。

他にも北海道では「スープカレーラーメン」、
長崎県では「豆乳ラーメン」、
岡山県では「白桃とフルーツトマトの冷麺」など、

全国の店舗がこぞって渾身のメニューを
展開しています。


このように地域ごと、店舗ごとに
オリジナル色を出すという戦略は
実は5~6年ほど前からやられています。

餃子の王将では、新メニューの開発は
基本的に現場の人間に任せているのです。

本部が店舗に課している指標は、
人件費率と利益率くらいで、
客数や売り上げ単価などは
店長が独自に設定しています。

本社はあくまで後方支援に徹していて、
いわゆるチェーン展開のセオリーとは
真逆の手法なわけです。


同じ手法がどんな企業でも
当てはまるかといえばそれはわかりませんが、
一つだけ確かなことがあります。

それは、各店長のやるべき仕事が
明確になっているということです。

・客数や売り上げ単価の設定
・人件費率と利益率の指標をクリアする

極端な話、大きくわけてやることはこの二つだけ。

あとはキッチンスタッフやホールスタッフに
それぞれ適切な指示を出して、
毎月目標達成を目指します。


管理者のやるべき仕事を明らかにしてあげることは
マネジメントの原理原則です。

「現場の店長が使いものにならない」
「エリアマネージャーが全然結果を出せない」

そう思い悩む前に、経営者であるあなた自身が
正しいマネジメントを行えているかどうか、
いま一度確認する必要があるかもしれません。

今回ご紹介する講座、
『ドラッカーの「マネジメント力」養成講座』は
そんな経営者の方にはまさにおすすめです。

ドラッカーの本は多くの経営者にとって
難解なイメージが強く、敬遠されがちでしたが、
この講座は違います。

分厚い辞書のような本に書かれたドラッカーの概要が
わずか90分で理解できるように構成されています。
まずは一度こちらのページをご覧になってみてください。

『ドラッカーの「マネジメント力」養成講座』
↑ここをクリックしてね。
スポンサーサイト
巨匠、北野武監督が絶賛した"小川三夫棟梁"の魂の講演会
あなたは知っていますか?

日本文化の神髄を生きている男達がいる。

技を伝え、人を育てる、昔ながらの男。



何故、1000年以上も受け継がれた棟梁の世界で、
この男に多くの成功者が惚れ込むのか?

本物と本質を知りつくし、日本の伝統を守り続け、
次の時代に引き継ぐその男こそ、世界一の棟梁、
小川三夫なのです。


世界の巨匠、北野武も絶賛する、
小川三夫棟梁としての生き方には、
これからの時代、生きていくヒントに
なると思います。

そんな小川三夫棟梁の講演会が
この秋に企画されています。

9月27日(日)
四谷区民ホール 19:00~21:00

この講演会であなたと小川棟梁が
出会えるチャンスです。

私達ができることは、お客様にとっての
価値との提供です。

夢が現実に変わる貴重な
一日となるに違いありません。


今回、500名以上の参加者が参加されますが、
その中で、経営者やリーダー、VIP、出版社、
メディア会社、新聞社、TV関係者などが参加します。

あの巨匠、北野武監督が絶賛した、
小川三夫棟梁とは、他の人と違い、
人を魅了する方だとも言われている様に、
伝統を頑なに守り続ける方です。

その意味で、 1000年以上も受け継がれた
伝統と匠の技。

時代を超え、上質、品格、雄壮、
卓越した存在なのかも知れません。

これからの日本の将来や自分自身の人生を
真剣に、本気で考えてみませんか?

次世代にあなたは何を残すのか?

次はあなたが、次世代の人々を育てる番です。
あなたの未来はここで変わることを
お祈り申し上げます。

それでは、会場でお待ち申し上げております。

「小川三夫棟梁講演会2015」 を見てみる
「あなたに」だから気になる
今年5月、鳥取県民を沸かせる
一大ニュースがありました。
ついにあの「スターバックス」が
オープンしたのです。

スターバックスは、タバコを吸わずに
ゆっくりしたい人たちのための
喫茶店として有名です。

お店側としても、
「ゆっくりコーヒーを楽しむ人だけ来てほしい」
という意図があります。

こういうやり方を一般的に「差別化」と言いますが
ビジネスをやる上ではとても重要なことです。

大事なのは「誰に好かれたいのか」だけでなく、
「誰に嫌われたいのか」ということも明確にすること。

スターバックスの場合は
公にコメントこそしないものの、
「喫煙者には嫌われてもいい」
という姿勢は明らかです。

そこまで絞りきって初めて
「差別化」は達成されます。


経営者にとって必要な経営理論として
「差別化」を最初に説いたのはドラッカーですが、
しかし彼の著書はどれも小難しいのが難点です。

ドラッカー自体には興味があるけど、
あんな分厚い本を読む時間も気力もない、、、

そんな方には、コレはとてもお勧めです。

『ドラッカーの「マネジメント力」養成講座』

ドラッカーはいつも
当たり前のことしか言いません。

本も分厚くて、理論も小難しくて、
でも結局は全部「当たり前」のことなのです。

しかしその当たり前の経営理論を
実際に実践できている経営者は
日本に何人いるでしょうか?

当たり前は経営環境によって違います。

「学んで終わり、知って終わり」ではなく、
当たり前の経営理論を噛み砕いて
自分の会社に生かすことが
経営者には必要とされるのです。

今回ご案内する講座、
『ドラッカーの「マネジメント力」養成講座』は
ドラッカーを噛み砕いて自分のものにするには
まさにうってつけの講座です。
ドラッカーを学んで独り勝ちする
北アメリカのロッキー山脈には
シロイワヤギという牛のように
大きなヤギがいます。

彼らは標高2500〜3000mの断崖絶壁にいて、
冬はマイナス20度、30度は当たり前という
とんでもないところで生きているのです。

他の動物からしてみれば、
「よくあんな不便で寒い所に住めるな」
と思われているかもしれません。

しかしちゃんと食べ物(高山植物)もあるし、
外敵のコヨーテが上がってこれないという
メリットもあります。

他の動物にとって最悪な環境が
シロイワヤギにとっては
最高の場所なんです。

この状況はまさに「ニッチ戦略」
そのものだと言えます。

生き物同士、きちんと住み分けが
できているんです。


ここ数年急激に伸びている
「俺のイタリアン」
「俺のフレンチ」などは
ニッチ戦略の代表的なものと
言っていいでしょう。

高級料理で低価格なんてあまりに
不合理なので、そんなことやりたくても
誰もできませんでした。

食材自体も高級だし、家賃も高い。
おまけにお店のブランド的にも
安価で料理を出すわけには
いかなかったのです。

そこに目をつけたのが
「俺の」シリーズです。

立って食べてもらうことで
お客さんの回転率をあげ、
売り上げを伸ばそうと考えました。

普通の居酒屋の回転率が
1.2〜1.5回転なのに対し、
なんと「俺のイタリアン」は
約3.5回転です。

「俺の」シリーズの工夫は
これだけではありません。

メニューをよく見てもらうと
わかりますが料理は多少安くても、
飲み物は別に安くないのです。

なので客単価自体は、他のお店と
大差がありません。
だから結果的に「俺の」シリーズは
料理を安くしても儲かっているのです。

他がやりたいけどできないことをやり、
その強みによって売り上げを伸ばす。
よく考えられていますよね。

実は今回のこの話は
ドラッカーの研究者として有名な
藤屋伸二先生の講座の一部です。

藤屋さん先生の話を聞いていると、
ドラッカーのようにとっつきにくい理論が
実は私たちの日常の中に潜んでいることが
よくわかります。

あらためてドラッカーを学び直してみたい、
生きた経営力をもっと磨いていきたい、
という方はぜひ一度こちらの講座の
詳細をご覧になってみてください。


ドラッカーの「マネジメント力」養成講座
をどうぞ。
プロフィール

DON-MAY

Author:DON-MAY
日本人を元気にするブログです。心と身体のこと一緒に考えていきましょう。『元気なら何でも出来る』が合言葉♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
健康美容グッズ集
ご訪問ありがとう♪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
396位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
セラピー
14位
アクセスランキングを見る>>
広がれ友達の輪
あしをペタペタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。