2016/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怒りは「助けて」という意味
自分の怒りも、扱いにくいものですが。

人の怒りも、手ごわい~

怒りは間接的な「助けて」なのです。
本人は、お困りなので「助けて」なのです。


そこに関係があれば、
「こうしてやった」ということをタネに
「それなのに、どうして・・なのか」と正当化して
こちらを責めて来る。

そこに関係性がない場合は
「こうして当然!」「それは常識!!」
なのに、どうしてしない?!
と、怒りという形で、強制的に「助けろ」となる。

「助けて」なら、丁寧に、お願いしなさいって。

自分の利益のためにこちらを利用しようとしているのに、
逆にこちらを助けていると思い込んでいる形式もある。

だから・・・とても、そういう人の相手をするのは重くなる。

だからと言って、無碍にすると、反撃しそうなので・・・。
どうしていいやら~と思案するわけですね。

それを気付いてもらうのは、なかなか難しいですわ。(苦笑)
下手したらケンカもありうるし。
そこまですることもないかと、譲歩しても、
そのままで終わって、感謝もなく「当たり前」だから・・。。

自分は常に正しくて、間違っているのは他者となりまして。
いやはやいやはや~という感じです。

            ★

人は、人生が公平ではないことを
悟れるくらいに
成長しなくてはならない。
そしてただ、自分の置かれた状況のなかで
最善をつくすべきだ。


            ★

「車いすの天才科学者」として有名な
スティーヴン・ホーキング博士の言葉です。
スポンサーサイト
プロフィール

DON-MAY

Author:DON-MAY
日本人を元気にするブログです。心と身体のこと一緒に考えていきましょう。『元気なら何でも出来る』が合言葉♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
健康美容グッズ集
ご訪問ありがとう♪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
3045位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
セラピー
178位
アクセスランキングを見る>>
広がれ友達の輪
あしをペタペタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。